BOX~箱の中に何かいる~

「BOX~箱の中に何かいる~」1巻(後半)のネタバレと感想!

投稿日:

BOX~箱の中に何かいる~ 1巻

ゲろゲろ
光二達はとうとう謎の箱の中に入っていきます

スケキヨさん
私だったら絶対入りませんけどね

恐怖度 ★★★★
グロ度 ★★★★★

 

「BOX~箱の中に何かいる~ 1巻」のあらすじ

ある日差出人不明で届いた「パズル」。

そのパズルを受け取った人たちは、何かに呼ばれるように公園にある奇妙な四角い館に集まります。

館の中に入ると出口は閉ざされ、パズルを解かなければ出られないという状況に。

しかしパズルを解くと、身体の一部が消えてしまうという謎の現象が…

形を変え続ける謎の館から彼らは脱出できるのか? そして彼らを導いた「招待主」は誰なのか? 

SF・ホラー漫画の巨匠がお届けする生き残りをかけた脱出サバイバルホラーがついに開幕です!

無料試し読みはこちらから可能です↓「BOX~箱の中に何かいる~」で検索!

検索欄に【BOX~箱の中に何かいる~】と入力 ⇒ 【試し読み】をクリックするだけ!

まんが王国で無料試し読み【スマホはこちらから】

BookLiveで無料試し読み【PCはこちらから】

「BOX~箱の中に何かいる~ 1巻」登場人物紹介

角多 光二 (かくた こうじ)
本作の主人公。送られてきたパズルは箱根細工。パズルを解いた時に母親の顔の一部が消えてしまったが、誰もそれに気が付かないことを不思議に思っている。

桝田 恵 (ますだ めぐみ)
光司とはデパートの屋上で出会う。送られてきたパズルはルービックキューブ。全国でも七位の実力を持つ。

甲田 信一郎 (こうだ しんいちろう)
建築家でメガネをかけた紳士風の男。見た目は50代くらい。受け取ったパズルはフルと音のする箱。

谷寛一・八重子 (たに かんいち・やえこ)夫妻
二人は老夫婦で見た目は80代ほど。受け取ったのは迷路の書かれた紙。

山内 誠 (やまうち まこと)
本職は教師だが、郷土史家のようなこともやっている。受け取ったのはクロスワードパズル。

神宮智 恵子(じんぐう ちえこ)
霊感を持っている少女で見た目は10代後半くらい。ゴスロリファッションで皆からちょっと浮いている。受け取ったパズルはスマホゲーム。

キョウコ
奇妙な四角い館に興味を持つ謎の女性。見た目は20代前半くらい。
唯一パズルは送られてきていない。四角い館について何かを知っているようで、一人で館の中を動き回っている。

館に住む美少女
見た目は小学生くらい。パズルと共に送られてきたチケットを受け取り、館の中を案内するナビゲーターのような役目を持つ。

 

BOX~箱の中に何かいる~ (1巻後半)のネタバレ

導かれるかのように光二は公園に歩いてきてしまいます。

すると、昨日デパートの屋上で会ったルービックキューブの少年に会います。

光二「やあ」

「来たの?」

二人の目の前には四角い箱型の建物があり、光二は何の建物なのか気になります。

光二「ところでこれ、なんの建物だ?」

そう聞いたのですが、少年もわからない様子。

 

そこに人が集まってきます。(登場人物参照↑)

光二を含めてパズルを受け取った7人と、謎の女キョウコを含む8人が四角い建物の前に集まったのです。

不思議なことに何かに導かれるように「どうしても来なければ」という気持になって、みんな来てしまったのでした…

光二とキョウコはこの建物の周りを一周したのですが、入口らしきものは見当たりませんでした。

その間に谷夫妻の受け取った迷路を皆が解きました。

すると、さっきまで何もなかったところにいつの間にか入り口が出来ているのです。

 

キョウコ「入り口があるわよ」

山内「パズルを解くと何かが起こるというのはこういうことか?」

一同はその中に入っていくと、お人形さんのような小さい女の子がいて、

女の子「箱博物館へようこそ、入場券をください」

と言ってくるのです。入場券を渡して全員が中に入ると

女の子「あなたもよければどうぞキョウコさん」

女の子「招待してないけど…」

そう言うと入り口が締まり、完全に閉じ込められてしまうのでした…

 

閉じ込められたことに気が付いた甲田は、

甲田「入ってきたところがあるはずだ」

懸命に入り口を探す甲田に、女の子が話しかけます。

女の子「あったわよ、さっきまでね、でも今はもうないの」

女の子「出口を開ける方法は一つだけ」

女の子「お客さんたちがパズルを全部解いたら開くの、そういう決まりだから」

そう言うと女の子は消えてしまうのでした。

 

甲田はパニックになりながら、

甲田出口を開けるんだ!

と壁を叩きますがどうにもなりません。

 

郷土史家のようなこともやっている山内は、自分の知っていることを話し始めます。

それをまとめると、

  • 古い文献の中に不思議な箱のような家が現れたというものがある
  • 古いものでは室町時代から江戸時代の記録が残っている
  • 山内は遠野物語にも登場する「マヨヒガ」のようなものだと考えている
  • だが文献を見た限りではそんなに善いものだとは思えない

そして山内は続けます。この箱の中に入るのは逃れられない運命だった…パズルが送られてきたときからそれは決まっていたんじゃないかと言うのです。

ともかく入り口が消えてしまったため一同は奥に進んで行くしか道はなく、奥へ奥へと進んで行くのでした…

 

キョウコと女の子

キョウコ「あちゃー、直接対決は避けたかったのになー」

女の子「キョウコさんおひさしぶり」

キョウコ「どこかで会ったかしら?」

女の子「とぼけないで、いつかのお寺でアンタのせいで獲物を一匹取り逃がしたわ」

キョウコ「記憶にないわ、それは別のキョウコじゃない?」

女の子「そんなにいろんなキョウコに出てこられたらもっと迷惑よ!」

女の子「ここに招待される人たちって言うのはそれなりの理由があるのよ、ゴールまで行けばわかるわ」

キョウコ「そもそもあなたはここで何の役をするの?」

女の子「あたしはここの案内人、ナビゲーターよ」

女の子はそう言ってドンッと箱を倒すと、箱の中からはドロッとした化け物が現れます。

そしてその化け物はキョウコに向かって襲い掛かってくるのでした…

 

感想・まとめ

「BOX~箱の中に何かいる~」読み応えがありましたぁ~。

SFとホラーの混ざったストーリー展開シビれます!

漫画の面白さって主人公のカッコよさも重要な要素なんですが、この作品でも主人公の光二が良いヤツなんですよね。見た目は不良っぽくて口も悪いんですけど、仲間を見捨てたりしないし、ピンチの時には必ず助けてくれるカッコイイ男なんです。

話のインパクト強すぎて意外に見落としがちなんですが、読んでいてそれほど嫌な気分にならないのは、この光二のおかげですね。

 

あとルービックキューブの少年・恵は光二のことが好きなようなんですよね。自分のことを僕と呼んでいたので男の子だとは思うのですが、今後ボーイズラブの展開に進んで行くかもなぁとか思ってしまいました。

光二に恵が抱きついた時にも「きもちわりぃな」とか言ってたので、そんな気なさそうでしたが…

 

パズルをすべて解いて先に進んで行けば外に出ることが出来るという事なので、2巻では脱出に近づくことが出来るのか気になるところです。

謎が謎を呼ぶ展開で息つくことが出来ないくらいです。

ホラー漫画が好きな人は諸星大二郎先生の「BOX~箱の中に何かいる~」は気に入るはずです!

 

無料試し読みはこちらから可能です↓「BOX~箱の中に何かいる~」で検索!

検索欄に【BOX~箱の中に何かいる~】と入力 ⇒ 【試し読み】をクリックするだけ!

まんが王国で無料試し読み【スマホはこちらから】

BookLiveで無料試し読み【PCはこちらから】

-BOX~箱の中に何かいる~
-, , , , ,

Copyright© 怖い漫画はこれを見ろ!恐怖漫画のネタバレ&試し読み , 2018 AllRights Reserved.