ミスミソウ

「ミスミソウ」1巻のネタバレと感想!胸クソ悪くなるほどのイジメシーンがてんこ盛り

更新日:

ミスミソウ 1巻

きっと壮絶なイジメシーンに凹みます!

 

「ミスミソウ」のあらすじとネタバレ!

「私は家族を焼き殺された――。」
三角草(ミスミソウ)。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花。
閉鎖的な田舎町の中学に転校してきた少女「春花」を待っていたのは、壮絶な
イジメだった。
せき止められない憎しみに、少女の心は崩壊する―――!!

 

「ミスミソウ」のあらすじ

廃校が決まっている中学校に転校してきた主人公の女の子が、同級生から悪質なイジメを受けたあげく、家に火を付けられて家族を殺されてしまいます。

その女の子が同級生に対して復讐をしていくというストーリーです。

 

1巻を読んだだけでミスミソウの世界へ引き込まれてしまうような作品で、人によっては気分が悪くなってしまうようなグロい表現も出てきます。

イジメに対して嫌悪感の強い方は読まない方が良いです…。マジで!

 

「ミスミソウ」のネタバレ

半年前に父親の仕事の都合で田舎に引っ越してきた野咲 春花(のざき はるか)は、通っていた中学校でよそ者扱いされイジメの対象となってしまう。

靴を捨てられ、内履きで学校から帰る春花を見かけて声をかけてきたのは相場 晄(あいば みつる)。

 

相場「おまえ…、靴はどーしたんだ」

それに対して

春花「…なくした」

と答える春花。

 

相場は写真を撮るのが趣味で、写真を撮っている最中だった。

春花「何を撮ってるの?」

相場「ミスミソウ…」

相場「三角草は厳しい冬を耐え抜いた後、雪を割るようにして小さな花が咲く」

相場「春が来て卒業すれば今よりもっと笑って過ごせる日が来るだろ」

といって春花を優しく励ましてくれる相場。

 

家に帰ると父と母、可愛い妹がいて心が安らぐ。

しかし、また次ん日に学校に行けば陰湿ないじめが待っていた。

 

机には落書きされ、教師はそれを見ても何も言わない。

相場だけが

相場「何下らねーことしてんだよ」

と春花の味方になってくれる。

 

春花が泥だらけで帰ってきたり、いつも靴がなくなることを不審に思った春花の父親は、ある日学校まで行って、担任の南 京子(みなみ きょうこ)にイジメがないか相談する。

しかし担任の南は

担任・南「もうすぐこの学校も廃校になるんです。ことを荒立てたくないんです」

といって、春花の父親の相談には耳を貸そうともしない。

 

さらに担任の南は、春花をイジメる連中に

担任・南「娘がいじめられるって超詰めよってくんの~」

と告げ口するしまつ。

父親はその日学校から帰ると、学校と担任のあまりの対応の悪さに、

父親「もう学校には行くな」

といって娘が親を気遣ってムリして学校に行っていることを悟る。

そして「もうムリをするな」と言って春花を優しくいたわってくれ、それに春花は心を動かされる。

 

 

ある日春花が風邪で学校を3日間休んだ。

春花をイジメる連中は、クラスメートの流美に様子を見に行かせることにする。

 

流美は春花がイジメられる前までイジメを受けていたため、春花が学校に来ないと自分がイジメられると怯えていた。

そんな流美に春花は、

春花「学校には行かないつもりだから」

と伝える。

流美はイジメられる恐怖から、春花に対して「殺したい」という感情を抱くほどに追い詰められてしまう。

 

数日後、春花と相場は一緒に写真を撮影するため、町から離れ山の方まで出かける。

春花「綺麗、こんなところあったのね」

相場「雪が降るともっと綺麗になる。見てると嫌なことも全部忘れられる」

春花「降るかな、雪…」

相場「降るよ、そろそろね」

いつしか星が出始め、並んだ二人の手が重なり合う。

 

夜道を帰っていると、青ざめた顔のクラスメートに会う。

嫌な気配を感じた春花は、急いで自宅の方角を見る。

 

…するとモクモクと煙が立ち上っていた。

 

あわてて駆け出して家に戻るが、

自宅は炎に包まれていたのだった…

 

家事の現場には流美の姿があり笑っている。

 

春花は燃え盛る家の中に向かって家族を助けに行こうとするが、相場や周りの人に押さえられてしまう。

しかしそんな春花を見て、相場は家の中に入り春花の妹を救出する。

しかし救出された妹の前身は黒くなり、全身が焼けただれている状態で、何とか息をしている状況だ。

 

次の日、春花の祖父が病院に着く。

病院の霊安室の父と母の姿、全身を包帯で巻かれ瀕死の重傷を負ってしまった妹を見て、

祖父「大丈夫、おじいちゃんがついてるぞ」

そう言って春花を抱きしめ、春花はその胸で声をかみ殺したように泣くのだった。

 

まとめ

「ミスミソウ」ですが、正直かなり面白いです。

面白いというか続きが気になってしまう作品ですね。

 

イジメや焼けただれた妹の姿の描写など、絵的に怖さを感じる部分もありますが、サイコスリラー的要素の怖さの方が上をいっています。

 

だって人が死んでもなんとも思わないどころか、むしろ面白そうにしているクラスメートって怖くないですか?

しかも殺したのはクラスメートの誰か(伏線では流美っぽい?)のはずなので、そんな学校メチャクチャ怖い…

 

もし自分が春花の立場だったらと思うと、抑えきれない怒りが込み上げてくると思います。

「そりゃ復讐も考えるだろうな」と、春花の気持も理解してしまうんですよね。

むしろ春花がクラスメートに復讐していくことに、気分がスカッとするかも…

 

ミスミソウの1巻を読んだら、絶対にそれぐらい相場以外のクラスメートと担任にムカつくはずです!

 

こんなに感情を揺さぶられるような作品は久々で、続きがメチャクチャ気になります。

-ミスミソウ
-, , ,

Copyright© 怖い漫画はこれを見ろ!恐怖漫画のネタバレ&試し読み , 2018 AllRights Reserved.